葬儀の後の大変な相続に関する手続き

葬儀後に行う大切な手続きの1つが相続です

葬儀後に行う大切な手続きの1つが相続です 人が亡くなり故人となると葬儀が行われます。故人の家族は、喪主や遺族となって非常に忙しい対応をしなければいけません。冠婚葬祭でも急に発生してしまう葬儀は、執り行った後でも数ヶ月間は色々な手続きが山積みであるため、想像以上に終わらないものです。そしてその手続きの中に相続があります。手続きの中でも非常に大変なもので、兄弟が多い場合には、簡単に終わらない手続きです。  

一般的な葬儀の後は、初七日や49日の法要そして1周忌を行うものです。この1周忌の行う頃になるとある程度落ち着き普段の生活に戻りますが、相続は、この1周忌よりも前に行う必要があるため、忙しい時期に行う手続きの1つです。数年前に相続税法の改正により、これまで課税されなかった家族の人が今後相続税の支払いを行わなければいけない場合があります。基礎控除額が圧縮されたことにより税金を払う遺族が多くなっています。また、兄弟が多いことで分割協議も簡単に終わらずにトラブルに発展することもあるため注意が必要です。

多くの遺産がある故人になると、葬儀の途中に税務署または国税局の職員が来て遺産のリストを作成していくことがあります。このような状況にない場合でも、税金のことを考えなければいけないものです。今までと同じような生活をすることができなくなるのも葬儀が終わった後のことです。この相続の手続についても期限があるため、放棄や遺留分の手続きを行うときには期限が設けられています。この期限が過ぎてしまうと手続きが行うことが出来なくなるため注意しないといけません。  

兄弟が多くなると遺産の分割をする場合でも遺言書がなければトラブルに発展してしまうことがあります。同じ評価額であっても利便性の良い土地と悪い土地ではだれでも利便性の良い土地をもらいたいものです。そのため簡単に遺産の分割協議が決まらないことで何年も名義変更はできないなどトラブルが残ってしまうことがあります。企業の経営に関する舵取りや学校のクラス内での意見のまとめでは多数決により決定できるものですが、相続に関しては多数決を行うことができません。あくまでも全員が納得できないと終了しないため、非常に時間がかかってしまいます。この問題を円滑にするためには、故人が遺言書を残してくれることです。遺言書があればこの遺言書により遺産の分割協議を行うことができるためです。手続きで迷っている場合には弁護士に相談することも必要です。

最新の情報

  • [2018年09月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年09月19日]
    運営者情報を追加しました。